日本滞在マニュアル

電話番号は047−350−1328
日本の旗     ようこそ日本へいらっしゃいました!これから日本で快適にお過ごしくださることを心よりお祈り申し上げます。でもその前に手続きはお済みですか?まだですか?日本で生活するに当たってはちょっとしたルールがあります。面倒かと思いますが、きちんとルールを守って快適な日本での生活をお送りください。そんなこれから日本で生活を始める皆様に必要なルールについて解説していくのがこのページです。
 実際に必要な手続きは法律によって規制されているために面倒な部分もありますが、そんなときにお力になれれば幸いです。<m(__)m>
 それでは、日本での生活をお楽しみください!(^o^)丿

 お知らせ

   HP最新情報等はこちら

  ENGLISH

  中国語

●どんな目的なんだろう?
 この手続きはいったいどんな目的で何のためにあるのでしょうか
●必要な手続きって何?
 入国・在留手続などの実際の各種手続についての概要です。
●VISA・在留資格について
 VISA・在留資格についてのその内容です。
●オーバーステイについて
 オーバーステイについてのその内容です。
●永住について
 永住したい場合についての手続きです。
●帰化申請について
 帰化したい場合のその方法です。
●外国人登録について
 外国人登録と言う手続きについてです。
●家族関係について
 これから結婚する方、離婚したい方、子供が生まれた方などが必要な法律手続きについてです。
●生活の知恵
 日常生活で役に立つ、知っておいたほうがいい知識についてです。
●LINK
 実際の手続きをする場合にお世話になる窓口のご案内です。
 なお、当ページで提供している情報はあくまで一般的な情報のみとなります。実際の手続きについてはページをご覧の上で改めて御相談ください。ご自身で行動なさる場合はあくまで自己責任です。その場合については一切当方は責任を持ちません。
 なお、当サイトリンクフリーです。是非役に立ててください!!


 家族関係の法律についてここで述べていきます。

 外国人と結婚する場合、日本人と離婚した場合、子供が生まれた場合などにその状況に応じた法律上の手続きが必要となります。ここで注意しなくてはいけないのが、どこの国の法律が適用されるのかと言う問題です。適用される国の法律や慣習などによって対応は全く変わってきます。
 その時に住んでいる国の法律なのか、父の国の法律なのか、なぜその法律が適用されるのか。あなたははっきりとわかりますか?どの法律が適用されるのかによってなすべきこと、結果はぜんぜん違ってきます。注意してください。

1、国際結婚をした場合の手続き
 
 ここで注意することは、その国の法律によっては結婚ができないかもしれないということです。国によって結婚できる年齢は異なってきます。また、再婚できる期間も違ってきます。そのようなことが注意すべきポイントとなります。
 そして、あなたの結婚したいという相手が実は不法滞在中の場合にどうするのかというのもここで問題となります。不法滞在中ということは、すぐにでも母国に帰国しなくてはいけないわけです。そして、その場合には5年間は日本に再来日できないのが原則です。そんなことも問題になる可能性があります。

2、国際離婚をした場合の手続き

 ここで注意することは、離婚をした場合の外国人は、今現在の在留資格では日本に滞在し続けることができなくなるかもしれないということです。日本人の配偶者として日本にいる場合、離婚後はその資格で日本に滞在し続けることはできないのが原則です。ここが注意すべきポイントとなります。

3、子供が生まれた場合の手続き

 ここで注意することはその子供の国籍です。父親と母親あるいは生まれた国、いったいどの国がその子供の国籍となるのでしょうか?それを決める基準となる法律はいったいどこの国の法律でしょうか?ここが注意すべきポイントとなります。

4、養子縁組をした場合の手続き

 養子縁組とはどんなことかわかりますか?この場合新たに増えたあなたの家族はどのような立場に立つことになるのでしょうか?こういったことがここでの問題となってきます。

5、戸籍や名前についての手続き

 結婚した、離婚した、その場合の子供そしてあなたの名前はどうなるのでしょう?これがここで考える必要のある部分です。
 
 以上各場合について述べてきましたが、あなたの状況によって回答は全く異なる可能性があります。具体的にあなたの場合にどうしたらよいかは一度ご相談頂ければ、あなたの状況に合わせて適切な回答をいたします。今すぐに御相談頂くことによって問題が解決するかもしれません。
 大雑把にしかここには書いていませんが、実際には複数の国に法律が絡んできて大変ややこしい状況になっている場合が往々にしてあります。また、現在さほど問題になっていなくても、将来的にこれが大きな問題になることもあります。是非お早目の対処をお勧めします。 

  TOPへ
メールによる相談はこちらから受付中!(詳しくはここをクリックしてご覧ください)
(C)Copyright 葛南事務所  沖田 裕孝 許可なく当ホームページの全部または一部の転用・転載を一切禁じます。