日本滞在マニュアル

電話番号は047−350−1328
     ようこそ日本へいらっしゃいました!これから日本で快適にお過ごしくださることを心よりお祈り申し上げます。でもその前に手続きはお済みですか?まだですか?日本で生活するに当たってはちょっとしたルールがあります。面倒かと思いますが、きちんとルールを守って快適な日本での生活をお送りください。そんなこれから日本で生活を始める皆様に必要なルールについて解説していくのがこのページです。
 実際に必要な手続きは法律によって規制されているために面倒な部分もありますが、そんなときにお力になれれば幸いです。<m(__)m>
 それでは、日本での生活をお楽しみください!(^o^)丿

お知らせ
   ・HP公開開始!

●どんな目的なんだろう?
 この手続きはいったいどんな目的で何のためにあるのでしょうか
●必要な手続きって何?
 入国・在留手続などの実際の各種手続についての概要です。
●VISA・在留資格について
 VISA/在留資格についてのその内容です。
●オーバーステイについて
 オーバーステイについてのその内容です。
●永住について
 永住したい場合についての手続きです。
●帰化申請について
 帰化したい場合のその方法です。
●外国人登録について
 外国人登録と言う手続きについてです。
●家族関係について
 家族が増えたときに必要な法律手続きについてです。
●生活の知恵
 日常生活で役に立つ、知っておいたほうがいい知識についてです。
●LINK
 実際の手続きをする場合にお世話になる窓口のご案内です。
 なお、当ページで提供している情報はあくまで一般的な情報のみとなります。実際の手続きについてはページをご覧の上で改めて御相談ください。ご自身で行動なさる場合はあくまで自己責任です。その場合については一切当方は責任を持ちません。
 前のところで述べましたが、日本に滞在するには資格が必要で、それに応じて滞在できる期間が定められています。それを超えて滞在した場合等に問題になるのがこれです。不法滞在となるわけで、場合によっては逮捕・起訴ということになりかねないので注意が必要です。

 *オーバーステイは違法です。その点決して誤解なきよう注意ください。また、オーバーステイと書くと違法性がないように取られかねませんので、あえて不法滞在で統一いたします。

 「不法滞在」
 日本に滞在するには在留資格が必要で、その資格の種類ごとに滞在できる期間が異なっています。その期間を満了したら速やかに帰国しなくてはなりません。それにもかかわらず滞在している場合にこの状態となります。


 なおこのオーバーステイの後に退去強制された場合、ペナルティとして以後5年間の間日本に入国することができなくなってしまいます。今のところ特例などはありませんので、注意してください。そしてさらに、以後日本に来ようとしても入国の際の審査が厳しくなってしまいます。5年経てば安心して日本に来れるというわけには行かない点にも御注意ください。(近々法改正があるとの情報があります)

 「自主出頭」
 オーバーステイをしてしまった場合は自分から出頭して帰国することも可能です。もしオーバーステイになってしまった場合は、逮捕・起訴される前に自主的に帰国なさったほうがよいでしょう。しかし、ここで帰国せずに日本にそのままとどまりたい場合その旨を述べて日本滞在への道を模索することになります。

 「仮放免」
 前段に述べた自主出頭のときに在留の意思を述べた場合にこの手続きへと進みます。この段階になると月一度の出頭が求められたり、保証金を求められたりします。

 「違反審査・口頭審査」
 仮放免が許可された後はこの手続きへと進みます。ここでも違反とされた場合に最終的な異議申出を提出することになります。

 「在留特別許可」
 不法滞在後のについてはここまでに述べた通りなのですが、それでも日本にとどまりたい、留まって働きたいと言う方に救済の道がないわけではありません。それがこれです。流れとしては以上なのですが、これ以上詳しくはここでは述べません。「どうしても日本に留まりたい」、「困難も覚悟している」と言う方のみ改めてお問い合わせください。
 その場合国家資格者として人道的配慮から最大限あなたの日本在留へ向けての手続きをお手伝いさせて頂きます。

 ちなみに、在留特別許可を自分一人でやるのはかなり大変だと思います。

 なお、ここでは一応の情報として必要となるであろう書類について網羅しておきます。(これらは言うまでもありませんが法律によって提出する書類が決められているわけではありません)
 
 1) 身元保証書
 2) パスポート
 3) 外国人登録証及び登録原票記載事項証明書
 4) 婚姻届け受理証明書
 5) 戸籍謄本
 6) 住民票
 7) 住居報告書(賃貸契約書など)
 8) 親族状況表(在日、在外親族について)
 9) 婚姻証明書
10) 納税証明書(共働きの場合は両者の物を用意)
11) 源泉徴収票(共働きの場合は両者の物を用意)
12) 在職証明証(共働きの場合は両者の物を用意)
13) 外国人配偶者の最終学歴の卒業証書
14) 外国人配偶者の身元証明書(推薦状)
15) NBI無犯罪証明書
16) 外国人配偶者の履歴書
17) 日本人配偶者の履歴書
18) スナップ写真(二人の交際から結婚、家族との集合写真など)
19) 経緯書(知り合ってから婚姻に至る詳細なもの)
20) 妻が妊娠している場合は、母子手帳と診断書
21) 嘆願書(日本人配偶者、家族、友人などに記載して貰う)
22) 上申書(在留特別許可を申請する理由など)

# 日本語以外の書類は全て翻訳が必要です。

 なお、在留特別許可が出るかどうかの基準(と言うよりも判断のポイント)ですが、

 1、婚姻関係が安定しているか
 2、身元保証と周囲の人の支援の有無
 3、生活の安定性
 4、素行の善良性
 5、許可の必要性

 と言うあたりです。

 なお、我々行政書士は守秘義務がありますので、仮にオーバーステイ中でも一応ご相談ください。そのことを他者に漏らすことはありませんので。

 万が一提出する書類を参考に見てみたいという場合は一度お問い合わせください。但し、御相談頂いた方にのみの提供とさせて頂きます。書類の提供のみを希望と言う場合はお断りいたします。

 TOPへ
メールによる相談はこちらから受付中!(詳しくはここをクリックしてご覧ください)
(C)Copyright 葛南事務所  沖田 裕孝 許可なく当ホームページの全部または一部の転用・転載を一切禁じます。