覚えておきたい遺言の方法 〒279-0003 千葉県浦安市海楽2-13-16-102
TEL:047-350-1328  FAX:020-4622-7913  e-mail:office@okita-law.net
MISSION
Will
遺言
 実際の手続き 

 0、遺言があるかどうかを確認(ないときだけ1、へどうぞ)

 遺言の書き方などはここを参照ください。要件を満たさない遺言は見つかったとしても、ない場合と同じ扱いとなります。

1、まずは財産の状況を確認

 だいたい預金とか、土地とかがその財産となります。ただ、借金なども財産となることの注意が必要です。

2、実際の相続は法律上誰ができるのかを把握(ここで家系図を作るといいですね)

 簡単に言えば配偶者、子、親、兄弟姉妹といった人達がその対象なのですが、隠し子がいたり、実はたくさん子供がいたりして意外と面倒だったりします。

3、相続人同士でどのように分割するのか相談

 2、で確定した相続人全員の話し合いで1、で確定した財産をどうやって分けるのか決めます。全員が同意すれば各自の自由です。

4、遺産分割協議書の作成

 3、の話し合いの結果を書面にします。

5、相続税がかかるときはその手続き

 但し、調査によると100人中5人の割合でしか相続税はかかっていないようです。

6、分割協議書にしたがって財産の名義の変更

 3、で作った書面を基にその財産の名義を変更するという作業です。

  以上の流れになります。詳しくはご質問頂くか、当事務所扱いの小冊子をご覧下さい。各手続きは法律にのっとってきちんと手続きをしてください。(でも、相続人全員の同意があれば自由ですが)

  なお、この手続きで一番もめるのは「遺産分割協議」です。もめない為には「遺言」があるといいことは言うまでもありません。

 戻る